Type your search keyword, and press enter

盛り塩に関するホームページを見て

よく店先に、盛り塩をしているのを見かけますよね。
盛り塩をする店は増えているようで、きれいな三角錐型ができる器具まで市販されています。
盛り塩について書いている、ホームページを見てみました。
盛り塩の風習は奈良・平安時代から始まっており、盛り塩をする意味は縁起担ぎ、魔除けや厄除けなどの意味があります。
なぜ塩がいいのか?という点については、穢れ祓い(けがればらい)という儀式が日本書紀に書かれていて、イザナミノミコトが黄泉の国から帰ってきたため海水で身を清めたことから始っているようです。
昔から神社の供え物も、「水」「塩」「米」が重要とされていて、各地で「塩」にまつわる神事も多く残っています。
店先に置いてある盛り塩の多くは玄関の外側で見かけますが、これは集客という意味から置いてあるようです。
最近は、一般の家庭でも厄除けという意味から盛り塩をする人が増えているらしいです。
一般の家庭の場合は、玄関ドアの内側に左右一対で2ヵ所に置くのが望ましいんだそうです。
「玄関」という言葉は、元々仏教用語の「境界」という意味があるからだということです。