Type your search keyword, and press enter

「歯の食いしばり」による弊害

「歯を食いしばって頑張る」などの表現を使うことがよくあります。
また、スポ根アニメなどで見掛けた人も多いのではないでしょうか。
もちろん、目標を掲げて、それに向かって頑張ることは大切です。
しかし、歯を食いしばることにより、思わぬ弊害が起きるリスクがでてきます。
具体的な内容については、歯科に関する情報サイトで確認するとよいでしょう。
それらの弊害を防ぐためには、歯の状態を知ることが大事なポイントです。
まず、口を閉じたとき、上下の歯は軽く触れ合った状態になっています。
口の中までは自分で確認しにくいですが、これが基本だと知っておきましょう。
しかし、考え事をしているときや、強いストレスを感じたときなど、無意識のうちに歯を食いしばることも少なくないのです。
その結果、歯がすり減ったり欠けたりする恐れがでてきます。
歯を食いしばることで、お互いの歯に圧力が掛かるため、無理からぬことですよね。
それを防ぐためには、歯を食いしばらないように心掛けましょう。
もし、放置しておくと、歯がダメージを受けるだけでなく、虫歯や知覚過敏などにもつながります。
なお、歯の食いしばりが気になる人は、歯科での相談をおすすめします。